3Rを実現する技術

循環型社会のためには3Rが必要なことはすでに説明したとおりですが、3Rをサポートする技術がいろいろとあります。

リデュースについては、製品の原材料を合理化したり、長寿命化することが進められています。ペットボトルを薄くしたり、構造を見直して軽くするなどの取り組みがなされ、ペットボトルごみの約4割削減につながっています。また、商品の内容や包装にもくふうがみられ、ケースをコンパクトにしたり、洗剤などであれば濃縮して使用量を減らしたりなどの施策が取れています。家電製品にしても、部品点数を少なくするなどの対策があります。

リユースに関しては、うまくいけばリサイクルのようなエネルギー消費が必要ないため、優先度が高めに設定されています。たとえばコピー機の部品などは、リユースの取り組みが盛んな分野です。

一般人がよく目にするのはリサイクルの取り組みです。再資源化を容易にする「易解体設計」がとられた商品が増えてきており、リサイクルを効率化しています。リサイクルの効率化などの技術が開発されており、リデュースリユースと合わせて「環境配慮設計」などと呼称されることがあります。

コメントは受け付けていません。

お気に入り