循環型社会って何?

recycle

循環型社会とは、リサイクルなどを活用して資源使用を効率化し、ゴミを減らしていく社会のことをいいます。人間が生活していくうえでどうしてもゴミは発生してしまいますが、再利用できないゴミを適切に処理することで天然資源の消費を少なくし、環境負荷を軽減することが重要となります。

循環型社会を作り出すために必要な3Rと呼ばれる要素があります。ゴミを減らす(Reduce)、再使用(Reuse)、再生(Recycle)の頭文字をとって3Rと呼ばれており、それにのっとって資源の有効活用を促すために2001年に改正リサイクル法が施行されました。

まず、Reduceは使用済みのゴミを減らすことをさします。使い捨て商品などを使わないようにし、過剰包装をやめることが必要です。Reuseについては、まだ使えるものを早計に捨てないようにすることです。洗ったり修理すれば使えるモノは、「もったいない」の精神でなるべく使い続けます。

Recycleはペットボトルや牛乳パックを集めて古紙や合成繊維に作り直すことです。これは使用した人が特定の場所にペットボトルなどを集める取り組みが重要です。

コメントは受け付けていません。

お気に入り