廃棄物をエネルギー源に転用する

どうしてもリサイクルできない廃棄物は焼却処分となりますが、そのときの熱エネルギーは電力や蒸気として使用しています。これをサーマルリサイクルといいます。

食品廃棄物や家畜の排せつ物、廃材などからメタンを取り出し、エネルギーにして使用する技術も開発されています。ゴミ発電は火力発電と同じく、燃焼させて熱エネルギーを取り出し、ボイラーで蒸気にしてタービンから発電します。

廃棄物焼却施設が小規模な場合は熱回収システムを導入することができないため、ゴミをいったん燃料に加工して大規模発電施設で燃焼させる方式が採用されています。この燃料を「RDF(ゴミ固形燃料)」と呼び、可燃ごみを乾燥させて金属をとりのぞkい、防腐剤を加えて固めることで作成されます。

さらに、バイオマス技術を使って廃油からバイオディーゼルを生成したり、紙屑からバイオエタノールを生成する技術も期待されています。

コメントは受け付けていません。

お気に入り